JBA Meetupはたくさんの方が集まり大盛況に終わりました
Pocket

2016年9月29日に日本ブロックチェーン協会主催のMeetupイベントが開催され、80名を超える参加者で大変な賑わいを見せていました。参加者の方々は、会員企業間の交流や、ブロックチェーンに関する最新情報収集の機会を、とても熱心に、活発なコミュニケーションを通じて過ごされていました。当日の様子を写真を交えてご紹介させて頂きます。

JBA Meetup、前半はブロックチェーン最新事例の紹介

会場は、三井住友海上保険株式会社駿河台新館、窓に囲まれた地上7階の開放的なスペースで、着席のセミナー形式と立食の懇親会形式が併設されていました。通常は社員の為の食堂スペースとして利用されているということもあり、美味しいお料理もご提供いただきました。

jba-meetup01

JBA代表理事の株式会社bitFlyerの加納氏からのご挨拶からスタートしました。仮想通貨(ビットコイン)の法律施行に向けて自主規制団体を目指し、ガイドラインの整備や議論と発信を行っていくこと、ブロックチェーンについては、いまだ表現や用法の定まらないブロックチェーンの定義について、分科会での議論と定義を作成したことなど、お話をされていました。ブロックチェーンの定義の議論には、ガイアックスのメンバーも参加していましたが、相当喧々諤々な議論が行われていたようです。公開されたブロックチェーンの定義はこちら(リンク:http://jba-web.jp/archives/2011003blockchain_definition)
とても、スマートにまとめられたよい定義だと感じています。

続いて、衆議院議員 自民党 IT戦略特命委員 福田峰之議員が登壇され、みんなの力を合わせて市場のパイを大きくしていきたい、との期待をお話しされていました。ブロックチェーン分野への期待の高まりと、官民の連携もスムーズに進んでいきそうな期待を持てました。

衆議院議員 自民党 IT戦略特命委員 福田峰之議員、JBAミートアップでご挨拶

福田峰之議員 ご挨拶

続いて、イベントの前週に上海にて開催されたInternational Blockchain Week の参加レポートとして、現地でイベントに参加した株式会社bitFlyerの増田氏、Krakenの宮口氏からの報告は対談形式で、弊社の肥後のモデレートの元でレポートされました。

現地イベントで紹介されたブロックチェーンを用いた新しいプロダクトの紹介や、世界各国の金融機関の取り組みの最新事例などが報告されていました。

ブロックチェーンを用いた新しいプロダクトの紹介、最新事例報告

その後、日本においてブロックチェーンを活用した事業例として、株式会社Orbの妹尾氏、カレンシーポート株式会社の杉井氏からブロックチェーン技術を活用した事業例のプレゼンテーションがあり、今後、ブロックチェーン技術をビジネスへ導入する事を検討している企業の参加者にとっては有用な情報だったようです。

 

JBA Meetup、後半は事業者同士のアツい交流会

ブロックチェーンミートアップ後半、交流会

後半は、メインイベントでもある、熱気に包まれる交流会が始まりました。ミートアップの場では、とても活発なコミュニケーションが繰り広げられ、とても賑やかな雰囲気の中、熱気に包まれたあっと言う間の時間でした。

約1時間の交流の時間の名残を惜しみつつ、全体の記念撮影を行い、JBA代表理事、加納裕三氏の今後のブロックチェーン業界を背負う意気込みを交えたご挨拶と共に閉会しました。

ガイアックスは、代表の上田が日本ブロックチェーン協会の理事を務めており、様々な面で活動に参加、支援を行っています。今後も、ブロックチェーンから目が離せません。

(JBA Meetupの詳細についてはJBA投稿のJBA Meetup記事「80名超が参加! JBA MEETUP VOL.1 を開催しました!」をご参照ください。)

Pocket

Mine Aram

Gaiax技術マネージャ。研究開発チーム「さきがけ」リーダー。新たな事業のシーズ探しを牽引。2015年11月『イーサリアム(Ethereum)』 デベロッパーカンファレンス in ロンドンに参加しブロックチェーンの持つ可能性に魅入られる。以降ブロックチェーン分野について集中的に取り組む。